ヒムロックのトレーニング日誌

2018年の乗鞍に向けて日々のトレーニングの記録と考察。

ヒルクライムで勝つ為のトレーニング(自分への戒め)

ヒルクライムで勝つ為に最優先で取り組まなくてはならないのはFTPレベルのPWRの向上だと思う。


ヒルクライムで勝つ為にスプリントのみをひたすら練習するバカはいない。去年の自分は週末にひたすら200km超えのロングライドを繰り返し、疲れが溜まって平日はまともに高強度で乗らずに疲労の回復メイン。ひたすらスプリントの練習をするくらいバカだ。


最近感じた事がある。1人で黙々とペース走をしようが、集団でアタックのかけ合いをしようが10時間もかかるロングライドに行こうが、1日の練習の中でL4域以上に滞在していられる時間は2時間も無い。

つまり、1週間400km走るとして、日曜日に400km走れば、その週のL4域以上の滞在時間は2時間以下、5日に分けて走れば、自分のやり方なら経験上5時間はL4域で練習できる。


最初にも述べた通り、ヒルクライムで1番重要なのはFTPのPWRだと間違いなく言える。スプリントの上達にはスプリントの練習が大事なのと一緒で、L4域の上達にはL4域を組み込んだ練習が1番重要。


1日中乗り倒す様な練習に全く効果が無いわけでは無いが、疲労との兼ね合いを考える必要がある。ただ自転車に乗っていればそれなりに速くなる時期は終わった。


ヒルクライムで勝つ為にどうすれば良いか、速くなるために考えて自転車に乗ろう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。