ヒム69のトレーニング日誌

2018年の乗鞍に向けて日々のトレーニングの記録と考察。

シーズンラストレースを前に骨折事故を振り返る

6月の末、広島2daysの2日前の夜練習中に下りで飛び出してきた鹿を避けて落車、頬骨と左手の指の付け根を骨折、これがきっかけでモチベーションの維持も出来なくなり7月を完全に棒に振った。
不運な事故にみえるかもしれないが、改めて振り返ると起きるべくして起きた事故だったと思う。


事故の日は仕事でへとへとだった。だけど土日は広島2days、土日でレースなのでどうしても練習の総量は少なくなってしまう。金曜日はレースなので追い込んで練習することはできない。どうしても今日走っておかなければと疲れた体を引きずって無理やり飛び出した。
予定コース最後の峠の下り。絞り切ってへとへとで下りに入った事で完全に反応が遅れた。


疲れていたこと、夜なのに昼と同じ感覚で下っていたこと等もあるが、事故の根本の原因はへとへとなのに練習しなければという強迫観念の様なものに囚われていた事だと思う。


去年の11月から今年の3月、距離にして10000km以上、CTLが145に至るまで自転車に乗り込んだ。この時は仕事も安定していて練習しなければではなく強くなりたいの一身だったと思う。
4月にピーキングの練習で練習量、時間を減らしたのと同時期に仕事も新しい現場に代わり、しかも毎月2回以上はレースの予定を入れていた。オフ時期の様な積み重ねが維持できる環境を明らかに作っていなかったにもかかわらず、練習時間を落とすのが怖くて同じだけの量をこなさなければと躍起になってしまっていた。


7月はほとんど自転車に乗らず、もう自転車を辞めようかとも思った。


8月にエイタさんの企画するグラベルライドに行って自転車の根本の魅力、楽しさを思い出した。松木さんの企画する練習会に参加して全く何もできずに悔しい思いをし、やっぱりこの人達とどこまでやれるか競い合いたいと心から思い、気付けばレースに出たくてうずうずしていた。


9~10月はしっかりと自転車、仕事、その他で自分がパンクしない環境を作って自転車を楽しんだしいい練習が積めたと思う。


いよいよ今週は沖縄。心から楽しみたいと思う。そしてここを通過点にまた1年自転車を楽しむ事を忘れずに強くなっていきたい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。