ヒム69のトレーニング日誌

2018年の乗鞍に向けて日々のトレーニングの記録と考察。

伊吹山ヒルクライム 備忘録(レース)

今回のレースはかなり接戦になると思うので、レースの組み立てでしっかりと作戦を立ててみた。


・作戦
今回は知り合いも多く、かなりマークされる立場であることが予想されるので簡単に逃げは決まらないと予想。逃げを打つポイントをしっかり自分で組み立てていくつもりで。
8.5km地点のコーナーに若干斜度が緩まるポイントがあり、9km地点から30秒は足が止まる下りがあるので、このコーナーでアタックをかけて1分全力走→下り30秒→3分全力走して逃げ切る。しかける時はキリPから教わったアドバイスを忘れないように。
アタックを決めるために6~8km地点では積極的にペースを上げ、集団を小さくする+皆の足を削る。8km地点を過ぎたらアタックに向けて足を溜める。6km地点までは濱野選手、中川選手の動きを要チェック。あわよくば6km地点からのペースアップで1人逃げになる展開を期待。


・マーク選手
濱野選手(BREZZA-KAMIHAGI) - 去年何度か同じレースを走っている。去年時点では格上の軽量級クライマー。目立つ格好をしているので見逃す事は無いはず。6km地点までは絶対に視界に入れ続ける。


中川選手(ケッヘルブイシースプートニク) - 去年の富士ヒルで年代別総合2位の選手。体型等近いので要注意。容姿がわからないので難しいが、極力レース前に把握したい。


つかもっちゃん - 正直怖い存在。終盤にいる事があれば要注意。序盤中盤で絶対に切り離すつもりで。


中村選手(soleil de lest) - 男前な走りをするイメージ。根性があるので怖い。


・レース
スタート召集地点で中川選手のバイクを探し、516番のバイクを発見。隣が空いてるのでしれっと隣に並ばせてもらうが、お互いマークしていた様で出走前に話しかけられてしまうwまあそれはそれでしょうがないとお互いしっかりペースを上げていきましょうと牽制しておく。
列は前から2番目、1番マークの中川さんはとなりにいるので悪くない。(撮っていただいた動画を確認するとウォークライドの高橋さんが中川選手の真後ろにいた。たぶん終始中川さんの後ろで展開する予定だったと予想)スタートからいきなり前1列目の方々が猛烈アタックで飛び出していくが、マークした選手もいないし無視。追走の先頭で自分のペースを作る。
ここでまさかの見かねたつかもっちゃんが逃げを追走開始。つかもっちゃんの足は良く知っているつもりなのでこんな場面で足を使ってくれてラッキーと思い逃げ集団を吸収してもらう。この時点でつかもっちゃんがラストに残ることはほぼ無いと確信。


そこから中川さんと2人でローテを回しながら集団を観察。明らかに全員温存作戦を決め込んでいる。予想では中村さんあたりは積極的にペースを上げに来ると思っていたので意外。しかし要注意の中川さんはしっかりローテしてくれるし2人で回せば後ろはきついだろうと思いほぼほぼ予想通りの展開。


しばらくしてこの展開を嫌ったかんぺこさんが飛び出し逃げる。知っている人で単独でも捕まえる自信があるのであわてて追わず、追走で足を使ってくれる人を待つ。が、結局中川さんしか前に出てこない。皆本当に昇格に徹しているのがわかる。後ろで前に出ないくせに野次を飛ばしている選手が1人いてかなりイラっとする。


しばらくかんぺこさんと距離感を合わせて走っていると、かんぺこさんあきらめて集団に吸収。このタイミングで誰か飛び出すかと思ったが誰も飛び出さない。でも僕がかんぺこよりも強い勢いで飛び出しても多数しっかり反応してついてくる。これがマークされるということかとちょっと嬉しくなる。


そんなこんなで6km地点。この時点で集団は10人くらいいる。ここまではかなり緩斜面だしこれも織り込み済み。ここから1段階ペースを上げる。すると待ってましたとばかりに中川さんもペースを上げて被せてくる。やっぱり強い。ここから後ろはしっかり立て伸びしており、3番手くらいにウォークライドの高橋さん。
8~8.5km地点でちょっと緩めるつもりでしっかり上げていき、8km地点に差し掛かってちょっと緩めた所でウォークライドの高橋さんがアタック!これが強烈すぎて完全にやられた感。上げた直後ですぐに追うのはあきらめ、10秒だけ中川さんの後ろに入り足を回復させて僕もアタック。おそらくここからだと下りまで1分半。とりあえず使い切るくらいの勢いで踏む。(飛び出しが700W、1分半350Wくらいで前半思った以上に足を使っていたみたい)


下りに差し掛かった時点で後ろの追走は誰もいない。前の高橋さんとはおそらく10秒の距離のまま。ここから1kmの登り区間の開始。全開で踏むが結構足が終わっており、高橋さんとの距離もどんどん開いていく。この時点で負けた事を悟るが昇格は絶対条件。垂れるわけにはいかずナケナシの力を振り絞って最後1人追走に射されてゴール。もう1人もすぐそこまで来ていたみたいで本当に危なかった。(ラスト3分320Wくらい、平均したらL4になってしまっている)


終始ほぼほぼ予定通りの展開なので反省点がはっきり見えたレースだった。優勝した高橋さんにはラスト3分思いっきり力負けしたのがくやしい。優勝したレース以外で初めてほぼ先頭付近でレースを展開した。くやしいがめちゃくちゃ楽しかった。


・反省点
 マーク選手を意識し過ぎて、他の選手への注意をしなかった。
 前半思い通りに集団を動かしているつもりだったが、思いっきり足を使ってしまっていた。
 過信。自分の現状の実力を見誤って、横綱相撲をしようとした。(今回30分の平均はベストパワー付近だった)


・良かった点
 1人が逃げて、皆が身構えたタイミングで追走する時に他の選手を連れて行かないだけのアタックができた。(火曜キリP練が活きた)
 4位の選手にさされないだけの踏ん張りがぎりぎりできた。
 マークした方はほぼ予想の範疇で動いていて、なかなかいい組み立てだった。

4/3-4/9 伊吹山調整

月曜 レスト(TSS50)
通勤+90-210int


火曜 伊吹対策練(TSS195)
57km900mUP2.3h NP257W
上福井~天狗岩 28min319W(NP329W)
勝尾寺 11.5min330W


水曜 清滝通勤+ローラー(TSS120)
朝 通勤 41km400mUP1.5h NP227W
清滝 12min319W


夜 ローラークリスクロス失敗


木曜 カンザキ川走+北摂走(TSS250)
朝 カンザキ川走 28km0.8hNP277W
20min-302W


昼 北摂走 79km1000mUP2.5hNP260W
箕面駅~高山公民館 24min314W(NP319W)
妙見山 18.5min296W(NP302W)
109号 8min297W(NP301W)


金曜 ローラーSST+回復走
朝 ローラーSST3min-1min × 8set


夜 ローラー30-30レスト


土曜 レスト(TSS50)
30-30、90-210int


日曜 伊吹山ヒルクライム(TSS100)


伊吹山HC 30min318W(NP323W)
L1 - 46s
L2 - 1min35s
L3 - 3min41s
L4 - 10min9s
L5 - 9min21s
L6 - 5min19s


今回は菰野とは対照的に火、水、木としっかり追込み金曜は軽め、土曜のみレストという計画。最近練習量がぐっと減っていた影響か水曜は全然回復しておらず木曜日に多く追込んだ。結果的には土曜日にもそれなりに踏めそうなほど良い程度の疲労感、日曜日に全快としっかり調整できた。体重面でも今回はそこまで気にしていなかったが練習をしっかりやったおかげでみるみるうちにベスト近くまで落ちた。ストレスを考えると食事量を減らすより練習量を増やしたほうが間違いなく良い。


火曜はキリP、平地マン、ワステと伊吹対策練。終始キリPのアタックに翻弄される形だったがいい勉強になった。


伊吹山のデータを改めて見返すとL3以下の時間帯が合計6min程度と全然休んでいない。調子をベストに持っていったのはいいけど調子に乗って前引きすぎてる。しょうもなく後ろでこそこそして負けるよりは全然良いけど当初の予定とは違うので反省。




3/27-4/2 PEAK 舞洲クリテ

月曜 風邪のため完全レスト


火曜 ローラー他(TSS167)
朝 26km53minNP250W(10min304W含む)


夜 ローラー
1set クリスクロス(2min290W-30s365W×8)
20min309W
292-366 291-366 292-368 295-368
292-368 293-369 295-366 304-388


2set クリスクロス(2min290W-30S360W×8)
20min309W
289-364 288-362 286-374 287-371
289-364 294-365 302-369 309-400


水曜 堺浜(TSS235)
91km150mUP3hNP248
堺浜1周TT - 6min361W Ave.42km/h(パワーが出やすいポジションで)
堺浜6週 - 42min252W(NP303W) cad85 Ave.40.7km/h


木曜 六甲(TSS190)
65km1000mUP2.5hNP252W
六甲ペース走 - 39min303W


金曜 勝尾寺通勤他(TSS115)
49km500mUP1.7hNP232(13min307W含む)


土曜 レスト(TSS50)
30-30rest
90-210int


日曜 舞洲クリテ(110)
舞洲クリテ - 24.5min230W(NP249W)



クリスクロスは苦手でどのくらいが適正強度なのかわからない。ヒルクライムをやる以上は苦手とも言ってられないので週1回はやりたい。


堺浜は日曜日に舞洲もあるので参加。前回は楽しすぎてアホみたいに足を使って余裕が無くなってしまった為、今回は余裕を残す程度に動いたりしてみたがいまいち何も掴む事ができず。


舞洲クリテは色々やりたい事を考えるも雰囲気に呑まれて何も出来ず。後からどうこう考えてもしょうがないけど本当にしょうもない走りだったと思う。人生2度目のクリテだったけど難しい。やらないやらないといいつつも結局どこかでやりたくなったと思うし落車無く終われてよかった。また秋舞洲は行ってしまいそうな気はする。


趣味だし楽しみたいという理由で参加したがレースの展開に絡めもしないのはさすがに楽しくない。伊吹は勝てるようにしっかり調整していきたい。