ヒム69のトレーニング日誌

2018年の乗鞍に向けて日々のトレーニングの記録と考察。

下りフラつき壁ドンマン

今日は鈴鹿以来のレース、はりちゅう2hエンデューロに参加してきました。


結果から言いますと、開始30分で落車してしまいましたがハンドル+サドルがズレたのと多少の擦過傷程度で済み、一応最後まで走りました。リザルトは見ておりません。


鈴鹿ではとにかく終盤まで温存してラストスプリントに絡もうという作戦で動きましたが、今回のはりちゅうは積極的に動いて何かを得たいなといったざっくりした作戦。


開始3周先頭付近でペースを作りながら集団を観察して見ると、2分の上り区間で6倍程度で踏めば逃がしてくれそうな雰囲気。残り1時間で仕掛けてどこまでやれるか頑張ってみようと思いましたが、5周目?の上りで尊敬するKさんがスルスルと前に上がっていきます。


これは乗るしかない!!と思い、乗っかって2人逃げの態勢に入りますが、僕がテンション上がりすぎてしまい下りのコーナーでペダルを引っ掻くという初歩的ミス。そのままコントロールを失い、木に突っ込んでしまいました。


正面から突っ込んでこけただけだったので体は無事でしたがサドルとハンドルが曲がってしまい、このまま集団に復帰するのは他の方に迷惑をかけると思い、ここで1度レースを降りました。


ピットに戻って10分ほど観戦していると、ここまで来てこの程度でやる気を無くしてしまっている自分への憤りとはりちゅうのコースに苦手意識を持ちたくないという気持ちから、残り1時間しっかりペース走でトレーニングして帰ろうとレース復帰しました。


しばらく走っていると、午前中にエリートも走って集団から降りたKさん(もう兼松さんでええかw)と合流。なんとも贅沢な話ですが、僕の下りが見ていられないという事でマンツーマンレクチャーをしていただきました(*´з`)
あそこでレースを降りてそのまま帰っていたら何も得る物無く終わっていたので復帰して本当に良かったです。


帰りはエンデューロ2位のキリPと応援自走ライドのビッチーさんと自走帰宅。展開に絡めず余った足を存分に使わせていただき楽しく帰宅。


結果的に色々な経験ができた良い1日になりました。


菰野、伊吹山頑張るぞ!!




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。