ヒム69のトレーニング日誌

2018年の乗鞍に向けて日々のトレーニングの記録と考察。

鈴鹿ウィンター3hエンデューロ 3位備忘録

・準備
前日、いつもより糖質多めに。
当日7時に起床。パスタ100gを含む500kcal近くを摂取。11時に会場入りし、パスタ、カステラなど糖質150gを含み、計1000kcalを目安に摂取。水分はここまでで約2ℓくらい。


補給で準備したのはマグオン2個、スポーツ羊羹4個、ボトル真水2本。ボトルは結局1本丸々残った。補給食は羊羹1本残った。


アップは本コースが使えないので適当に20分流すのみ。適度に5,600Wまで上げて体をほぐす。


・作戦
自足ではかなわない方がたくさんいたので目標は最終スプリントに絡む事。少人数の逃げは絶対決まらないと踏んできっぱり放置する。
基本的にマークは親方とキリP。2人が動けば動くと決めておく。


・レース
スタート位置は4列目くらい。リアルスタート時に親方が前にいたので便乗して前に上がる。
3周目?くらいから3〜40人くらいに絞られて一旦落ち着きだす。ここから1時間くらいは少数の逃げが決まらないのを後ろで完全傍観。
1時間半くらい?が経過。この時点で20人いないくらい?4〜5名がホームストレート手前の下りから逃げだす。この中に親方もキリPもいないので傍観するが、+3人ほどブリッジをかけたので集団が分裂。
これはヤバいと思い自分もブリッジをかける。正直これで10人以下に絞られたと思った。しかし30分も経たない内に第2集団が追いついてくる。この時点で2時間くらい?振り出し感。


いつもなら集団を減らそうと動く所だが、今日は冷静。この時点で多分かなり足に余裕を残せているのでこのまま残り1周まで20人のまま展開してもいい意識で少数の逃げは容認。最終ラップに備える。


残り10分あるか無いかのラップに入ってシケインを抜けた所で、筧さん?から残り13人なので好きにやれとアナウンスが入る。
この周回がラストになるかもしれないが特に逃げは発生せず。ラストの登りに入った所で1度仕掛けるがラストラップにはならず最終周回突入。


正直これで足を使ってしまい、最後に発生した2名の逃げに乗れず。
逃げを追うために集団が縦伸びしだし、全員が足を使う展開。最後のホームストレートに差し掛かった所で最終スプリントが始まるが向かい風の影響もあり皆ズルズル失速。後がけし集団内2位でゴール。逃げ2名の内1人はどうやら落ちていたらしく、3位で終了。
正直出来過ぎなくらい上手くいった。(1人は逃げについていったサポートライダーの筧さんやったらしい、要は5分以上1人逃げ?すげー)


いい結果が残せた要因は最初からどうゆう形になったら動くとか明確に決めていたことと、ホームストレートが向かい風だった事だと思う。
ヒルクライム以外で結果を残せたことは自信になったし、何かの形でヒルクライムにも活かせたらいいなと思う。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。